白蝶真珠

 白蝶真珠は「南洋真珠」とも呼ばれ、主にオーストラリア北岸のアラフラ海からインドネシアなどの東南アジアにかけた熱帯地域で生息する「白蝶貝」を母貝とする真珠です。
 白蝶貝はオーストラリア北部に生息する「白やグレー系」の真珠を生み出す「シルバーリップ種」と、インドネシア・ミャンマー周辺に生息する「ピンクやゴールド系」の真珠を生み出す
「ゴールドリップ種」に分けられます。
 奄美大島では「ゴールドの真珠」を生み出す「ゴールドリップ種」を養殖しています。
もともとは、熱帯地域で生息する白蝶貝にとって亜熱帯地域に属する奄美大島の自然観環境はとても過酷なものなのです。
 この過酷な環境下で、大事に育てられた奄美の白蝶貝は、熱帯地域では20㎝程に成長するのに比べ、10㎝程の大きさにしか成長しません。
 熱帯地域のよりも1年長い3年の養殖期間を経て、じっくり育てられた奄美の白蝶真珠は、よりきめ細かく、緻密に厚い真珠層に覆われ、透明感のあるとても美しい真珠になります。
 生息海域の北限を超えた奄美大島で養殖に成功し、小粒ながら独特な深みのあるゴールドに輝く奄美のゴールデン白蝶真珠。
 世界最高峰の輝きです。